貿易関係証明を取得したい

貿易関係証明を取得したい

商工会議所の発給する証明書は、信頼できる書類として、広く内外の貿易関係業者に利用されており、原産地証明をはじめとするサイン証明、インボイス証明等の各種証明は以前より国際間の商取引には欠かせない重要な書類となっています。
 

貿易関係証明申請者登録(有効期間:2年)

商工会議所に貿易関係証明(原産地証明書等)を申請する法人・個人(以下「申請者」)は、予め『貿易関係 証明申請者登録』の手続きをしていただくことになります。この手続きは商工会議所の会員・非会員を問わず、すべての申請者に必要です。

 

提出書類

(1)貿易関係証明に関する誓約書
(2)貿易関係証明申請者登録台帳
  ・貿易関係証明(申請者・代行業者)業態内容届
  ・貿易関係証明申請者署名届
(3)印鑑証明書(3ヶ月以内に発行された原本)
(4)法人→登記事項全部証明書(履歴事項全部証明書)(3ヶ月以内に発行された原本)
   個人→住民票、税務署に提出した開業届又は直近の納税証明書(事業税)のコピー
(5)営業拠点が上田市内(上田商工会議所管内)にない場合
  ・本店所在の商工会議所及び商工会の会員証明書(会員の場合)
  ・地区外登録の理由書
(6)代表者が外国人の場合
  ・外国人登録証明書のコピー(両面)又はパスポートのコピー
(7) 中古品を取り扱う場合
  ・古物商許可証のコピー・代行業者登録
申請者より、委託を受けて申請業務を代行する業者(代行業者)についても、『貿易関係証明代行業者登録』の手続きが必要となります。提出書類は申請者と同様ですが、上記(2)の貿易関係証明申請者署名届は必要ありません。

上田商工会議所で発給できる証明書

・原産地証明
・インボイス証明
・サイン証明
・翻訳証明
・会員証明
・営業証明

手数料及び書類販売料金(消費税込)

 

  会 員 非会員 備 考
登録手数料(更新時も含む) - 2,160円 有効期間:2年
証明手数料 540円 1,080円 1件5枚まで
原産地証明用紙 1,080円 100枚綴り
申請事務マニュアル 309円 1冊

▼ 受付時間
月曜日~金曜日 9:00~17:30

▼ お問合せ先
上田商工会議所
総務課 TEL0268-22-4500

GS1事業者コード(旧JAN企業コード)の登録・更新

GS1事業者コードとは、国際的な流通標準化機関が定めた企業等の事業者を表すコードです。
GS1事業者コードを取得することによりJANコードを利用することができます。
※平成24年4月より、「JAN企業コード」は「GS1事業者コード(JAN企業コード)」へと名称変更致しました。

JANコードとは…

JAN(Japanese Article Number)コードは、日本の共通商品コードとして流通情報システムの重要な基盤となっています。
JANコードはバーコード(JANシンボル)として商品などに表示され、POSシステムをはじめ、受発注システム、棚卸、在庫管理システムなどに利用されています。

JANコードの特徴

1.一つ一つの商品を国際的に唯一の番号で“識別”することができます。
2.従来の包装資材、インクを用いて印刷できる低コストのシンボルです。
3.自動読取装置(スキャナ)による読み取り操作が容易です。
4.UPC、EANと互換性を有する国際的なコードであるため、そのまま輸出できます。

JANコード表示までの作業手順

JANコード表示までの作業手順

・申請後、登録内容(事業者名、住所、担当者等)の変更が生じたときは、必ず変更の手続きを行ってください。
・更新・・・3年ごとに更新手続きが必要です。
・申請方法・・・上田商工会議所 総務課が窓口になっています。(TEL 0268-22-4500)
・申請の際には、冊子「バーコード利用の手引き」(1部¥1,200(税込))を窓口でご購入ください。
・登録にかかる日数・・・商工会議所に申請書を提出されてから、登録通知書がお手元に届くまでに、郵送期間を含め約2週間かかります。 余裕をもって申請して下さい。
・登録にかかる費用・・・業態(製造業の場合と非製造業の場合)と売上高によって異なります。

問合せ先:一般財団法人流通システム開発センター TEL 03-5414-8511
一般財団法人流通システム開発センター link

お問い合せ